parasite(パラサイト) フランス

ファッションとアイウェアが融合した 必然の次世代デザイン

アイウェアは「耳にかけるもの」。その概念を根底から覆したのが、フランスが生んだ不世出のブランド『parasite(パラサイト)』です。「GRIP LIFE」をコンセプトに掲げ、アイウェアと顔の一体感を演出。スポーティーでファッショナブルなデザインの中でも目に付くのは、2股に分かれた斬新なテンプルです。「ダブルアーム」と呼ばれるこのデザインは、あらゆる姿勢において、快適なフィッティングと視野を確保するために生み出されました。その機能性は、多くのアスリートやライダー、そして特徴ある価値観を求める人々に支持されています。

collection

parasite collection

Hugo Martin(ヒューゴ・マーティン)

Hugo Martin

2002年10月 SILMO展(パリ)で発表。
それは、一見してパラサイトとわかる強烈なインパクト、そして理にかなった機能性を持ったアイウェアの鮮烈なデビューでした。
フランス人デザイナーであるヒューゴ・マーティンは、フリークライマーである友人の頼みから発想を得、どんな姿勢・体勢でもホールドされるダブルアームシステムを開発。軽量な素材による快適さ、機能性も兼ね備え、フランス国内に留まらず、世界20カ国で展開されています。「寄生虫」の意を持つブランドネーム “パラサイト”は、フレームから飛び出る4本脚の姿、まさに昆虫そのものを表現しています。アイウェア・オブ・ザ・イヤー2006、2007を連続受賞。